鳥羽図鑑

kaniana

蟹穴古墳【かにあなこふん】

答志町

古墳時代の7世紀中葉に築かれた径約11メートル、高さ1.5メートルの円墳で、横穴式の石室を持つ。美多羅志神社手前にある「蟹穴古墳」という看板に従って暫く登ったところにある。
 記録によると、1921(大正10)年に自然釉が掛かった美しい須恵器台付長頸瓶(ちょうけいへい)が見つかり、2年後の1923(大正12)年に東京帝室博物館(現在の東京国立博物館)に寄贈され、その後、国重要文化財に指定された。世界各国の展示会で紹介されており、「世界を駆けめぐる土器」とも称されている。
 1998(平成10)年の調査で、古墳からは須恵器坏蓋や高坏の残片、鉄釘、耳環なども出土した。