鳥羽図鑑

photo-eyecatch-c-07

海女の家 五左屋【あまのいえ ござや】

相差町

相差海女文化資料館から新明神社・石神さんへと続く参道沿いにある、築80年という古民家を改修した海女文化の発信基地。
海女がとった海藻をはじめ、海女の魔除けの印「ドーマン・セーマン」をデザインしたハンカチやガレット、ヤマトタチバナを使ったドレッシングなど、鳥羽商工会議所が開発したオリジナル商品も売られている。
2階のカフェには海に関する本を集めたミニギャラリーもあり、相差産天然テングサでつくったところてんが人気。ホッと一息つくのにぴったりの場所だ。