鳥羽図鑑

photo-eyecatch-c-02

神明神社と石神さん【しんめいじんじゃといしがみさん】

相差町

相差海女文化資料館から坂道になっている参道を上りきると、姿を現す地元の氏神、新明神社。参道の途中の小さな社に祀られているのが、知る人ぞ知るパワースポット「石神さん」だ。

海女たちが大漁と安全を祈願する女神様で、女性の願いを必ず一つは叶えてくれると、古くから信仰を集めてきた。全国各地から女性の参拝者が訪れており、年間16万人以上が訪れるパワースポットになっている。

願い事を書いた「お願いの用紙」を「願い箱」に入れ、お参りをする。お礼参りの絵馬もあり、願いが成就した人たちの「お礼」がたくさん掛かっている。

海女の魔除けの印「セーマン、ドーマン」を描いたお守りや本真珠が付いたストラップ型のお守り、常に清々しくいられるようにと願いを掛けた「常若守り」などがパワーグッズとして人気がある。

神明神社の境内には「長寿の館」と呼ばれる、ご神木の楠の枯木もあり、長寿を願う人たちも訪れている。